木工用パテを用いるフローリングの修理方法

subpage01

一般的なフローリングの場合、複層の木材で構成されているタイプが使われています。

ユニットバスのリフォームを利用してみる価値はありますよ。

このタイプは表面に木目のプリントが施されているものですが、傷付いてしまったり、腐食を起こしてしまった場合では修理することが必要になるケースがあります。

特に腐食を起こしてしまった場合では、その範囲が広がってしまうので、早期にフローリングの修理を行うことで、被害を最小限にすることができます。

幅広い分野の視点からT-SITEの情報が詰まったサイトです。

腐食した場合でのフローリングの修理方法では、木工用として販売されているパテを使う方法があります。


ホームセンターでは多くのお店で普通に売られているもので、同時に紙やすりを購入する必要もあります。

紙やすりは100番程度から400番程度のもので対応することができ、更に表面を滑らかにすることを希望している方では、上の番数のものを購入することも良い方法です。



腐食をしている部分を全て除去する作業が必要になり、ノミとハンマー彫刻刀などで対応させることもできます。
その部分に対して木工用のパテを使うことになり、肉痩せ対策として少し多めに利用することも必要です。硬化した後には紙やすりで表面を研磨する作業が必要になり、荒目から細目に移行することが基本です。

仕上がった場合では、周囲との色合わせを行うことが必要になり、模型用として販売されている塗料などを購入して、筆で木目を描いていく方法があり、綺麗に仕上げた場合ではフローリングの修理を無事に終えることができます。

自宅で対処することが難しいと考えている方ならば、プロの業者に任せる方法で安心できます。