フローリングの補修は早めに

subpage01

フローリングが一部分だけ剥がれてしまったということはよくあります。
小さなキズなら見ないふりをしてしまうことも多いですが、放おっておくと剥がれが広がり取り返しの付かないことに。

小さなほころびから大きなキズに変わることも多いので、フローリングに傷がついたらなるべく早く補修しましょう。剥がれが小さい場合の1番安価で簡単な補修方法は、ホームセンターやネット通販などで数百円で販売されているシールを使う方法です。

日本経済新聞の最新情報を紹介しています。

残念ながら種類は少なく自宅のフローリングと同じものを探すのは難しく、違和感なく補修はできませんのであまり気にしない人や、とりあえずの応急処置向けです。


シールを使うときは、まずフローリングの表面を平らにしきれいに掃除します。

あとはシールを貼るだけで完成です。

シールが剥がれてきたり、ホコリがたまってきたら1度シールを剥がして張り直しましょう。



少し手間はかかりますが、パテ埋めという方法もあります。

剥がれた場所にパテを塗りこみ乾かします。


完全に乾いたら、表面を削り取り、周囲の床と平行になるように仕上げます。最後に着色すれば完成です。この方法はパテ塗りや着色に技術が必要なことと、やり直しが難しいため上級者向けの方法です。
このように、少しの剥がれなら自分で補修が可能です。

しかし、見た目的にはやはり素人修理に見えてしまうのが難点。



また、剥がれが酷い場合や、家の転売予定があるようなら、プロに頼んで早めに補修するのがトータルでみると1番リーズナブルな方法です。